事務所の7つの特徴

Pocket

その1「資金調達・銀行取引に強い」

弊事務所の代表は元銀行員です。

特に法人融資を一貫して担当しており、資金調達・銀行取引ついては熟知しています。

資金調達・銀行取引については経験がものをいう世界です。

(税理士や公認会計士の試験科目に資金調達・銀行取引というものはありません。得意な方は少ないです。)

また、資金調達・銀行取引をしやすい決算書作り、試算表作りが得意です。(もちろん合法です。)

なにも考えずに税理士や公認会計士のいうとおりに決算書を作っていたら資金調達ができないというケースもあります。

 

その2「代表税理士みずから担当」

代表税理士の中薗みずからすべてのクライアントを担当します。

ネットやチラシで格安をうたっている事務所は税理士ではなく、多くは事務員(無資格者)が担当している状況で、税理士や公認会計士と会えるのは1年に1度やそもそも会ったことがないということも。

事務員ではクライアントの質問にすぐに答えられないこともありお待たせしてしまいます。

 

その3「出張専門税理士」

すべてはあなたの会社である現場で経営は行われています。

その経営の現場にご訪問することによって、より現状がわかるため深いご相談に乗ることも可能です。

(社員の顔色、雰囲気、社内の状況など)

もちろん、お伺いしないでskypeなどのネットでのやりとりも大丈夫。クライアントのニーズに柔軟にお応えします!

その4「スピード対応」

迅速な対応を心がけます。

クライアントからの質問について回答が遅くなりクライアントの機会損失があってはならないと考えています。

経営はスピードが大切。

特に中小企業の場合、大企業のように資金力や地盤がないため、いかに他社よりも早く意思決定し経営するかが勝負となります。

 

その5「わかりやすい説明、たとえ話多用」

税金やお金の話はもっと身近に感じて欲しい大切なこと。

わかりやすい説明をするために図やグラフも使います。

また難しいなと考えるのは自分ごとではなく他人ごととなっているから。

自分ごとに少しでも近づけるためにあなたの身近なことでたとえ話を多用します。

難しいことを難しいまま言うのは簡単。いかに難しいことを簡単に聞こえるかが腕のみせどころです。

 

その6「ITを駆使します」

少しでも作業を減らして経営に集中してもらいたい。

そのためにメール、チャットワーク、skype、クラウド会計、dropbox、グーグルドライブなどを使いITによる効率化を狙います。

日々進歩するIT技術。

敵対したり怖がるのではなく上手に使えるようにサポートします。

 

その7「作業者ではなくパートナー」

会社経営の悩みについては、ご友人、ご親族はもちろんのこと一番身近な配偶者にもご相談ができないこと。

あなたのこと、あなたの会社のことを他の誰よりも真剣に考えるパートナーです。

 

弊事務所の代表は支店立ち上げを責任者として行い、お客様を増やし事業拡大を図ってきました。

また従業員約200名の取締役として会社経営、組織の作り方、採用の仕方、事業展開の方法などを日夜試行錯誤しながら運営してきました。

事業拡大を狙わない方はもちろんのこと、これから人を増やしたり支店を増やしたりしながら事業拡大していきたいというお客様にたいしてもノウハウなどを共有できます。

 

もちろん、作業者ではなく、また先生でもないので、一方的にこちらから話し続けることはありません。

いろいろなお話をしてください。仕事に関係ないことでも遠慮をせずに。

中小企業の場合、プライベートも仕事も一体です。プライベートのお話を聞いてそこから仕事に活かせることも。

「経営者であるあなたのためのお金の参謀役」

お付き合いしてみませんか。